ご相談はこちら!
【定休日】年末年始・夏季・GW 土日も営業中!お気軽にお問い合わせくださいませ。

ご相談はこちら

『一生賃貸と持家』

  • マメ知識
  • 未分類

 

人生とは選択の連続だと、誰かが言っていたけど・・

 

家を持つか否かも、どこかで選択しないといけない人生の大きな節目と言えますね。

 

一生賃貸で過ごすのと持家を持つのとは、どちらが得か?

 

10年ほど前だと、これはどちらも同じくらいとの意見が多かった。

 

何故かと言うと、日本の住宅の平均寿命は約30年しか持たないから。

 

35年ローンを組んで、ローンの支払いよりも早く建替え時期が来てしまう、

 

理不尽だけど、それが現実。

 

だけど、土地は残るので、また土地から購入する必要はない。

 

昔は終身雇用が当たり前だったので、退職金をつぎ込んで

 

建替えすることは出来たかもしれません。

 

一生賃貸の気楽さを考えたら、家を持つのとあまり差は生まれなかった。

 

しかし、その常識を覆す法律が平成21年にできました。

 

それが、「長期優良住宅法」という法律。

 

この基準で建てられた住宅は、約75年~90年持つので建替えの必要がなくなる。

 

一生住む場所に困らないから賃貸と比較すると大きな差がでます。

 

結論的には、賃貸と持家では、断然持家に軍配が上がります。

 

でも、一生ローンを払い続けるのは嫌だと言う声も少なくありません。

 

ここで、見方を少し変えてみましょう。

 

賃貸で家賃を払うことは、ローンを組んでるのと違うのでしょうか?

 

賃貸で住んでいるアパートやマンションは、誰かがローンを組んで建てた建物です。

 

当然、家賃は、そのローンの支払いに充てられます。

 

ということは、人の借金を代わりに返済していることになります。

 

不思議なのが、ローンというものは、いつか完済してしまいますが、

 

家賃はずっと払い続けなければならないということです。

 

大家さんのローンが終わっても、払い続ける家賃・・

 

そう考えると見方が変わってきませんか?

 

今、賃貸か持家かを迷ってる方がいたなら、パワーハウスでは

 

長期優良住宅のFREEQ HOMESをお勧めします。

 

ローコストでありながら、性能はバツグンです。

 

詳細は下記ページよりご覧戴けます。

http://www.pw-r.jp/new/