ご相談はこちら!
【定休日】年末年始・夏季・GW 土日も営業中!お気軽にお問い合わせくださいませ。

ご相談はこちら

最後の仕上げとして、力を入れたいヶ所です。

  • 未分類

「外構について」

最近の外構工事での依頼内容で多く見受けられるのが、

塀のやりかえ、もしくは、塀の補強工事です。

やはり地震に関して皆さん先行きの不安が有るみたいです。

見積もり依頼で、現場確認しますと、塀の傾きや、ひび割れ等、

今までの地震もしくは、大雨等で地盤が緩んでの影響かと思われます。

転ばぬ先の杖と格言が有りますが、いつまた大きな災害が来るとも限りません。

そのためには、日ごろの身の回りのチェック体制を、

個々に整えておくことが大切かと思われます。

外構に留まらず、建物自体の耐震性も今一度見直す為にも、専門家の意見を聞き入れて、

対応策を取る事が、一番の安全確保に繋がると思います。

また外構は建物と一体と考えるのが普通です。

エクステリアと建物がバランス良く配置された所は、非常に見栄えもよく、

町の景観にも一役かいます。

外構には殆どの場合駐車スペ-スが確保されますが、

このスペースをどこに配置するかで、玄関へのアプロ-チの取り方も変化しますので

一番核になる部分ではないでしょうか?

敷地大小の関係で、アプロ-チの長さも変化しますが、

敷地の建物配置から同時にこの関係は、摺り合わせが必要となります。

また将来的に駐車スペ-スが増減する可能性もありますので、

考慮しておく方が得策かも知れません。

それと外構を計画するに当たっては、水はけの問題も生じますので、

最初の段階で、十分業者と確認事項として、提案しておきたいものです。

いずれにせよ、外構がうまく建物とマッチすることにより、

一段と建物が見栄え良くなるのは事実ですので、最後の仕上げとして、力を入れたいヶ所です。

 

カーポート3

本店 本田

 

———————————————-

福岡でアフター充実のリフォームなら!

只松建設ホールディングス・パワーハウスへ相談ください!

 

ホームページ:http://www.pw-r.jp

お電話:0120-41-5424

 

お気軽にご相談ください♪

———————————————-