ご相談はこちら!
【定休日】年末年始・夏季・GW 土日も営業中!お気軽にお問い合わせくださいませ。

ご相談はこちら

水回りの仕上げを考えるときに注意したい事とは??

  • マメ知識
  • リフォーム商材

家をリフォーム、又は新築する時、特に水回りの仕上げを考えるときに注意したいのが、床や壁・天井の素材ではないでしょうか。

 

 

水滴が飛び散るもしくは喚起が十分でない場所では、素材次第では、カビや腐食等を誘引する原因にもなりかねません。

 

 

水回りは毎日使用する所ですし、長年のうちに、カビや腐食等が進行して悩ましく思われます。

 

 

この状況をすこしでも回避するには、逆に水滴等が当たっても、水分をため込まない素材であれば、掃除もしやすくいつも乾燥した状態を保つことができ、快適に暮らすことができます。

 

 

 

 

 

洗面所の床であれば、殆どの場合浴室に隣接して、脱衣場や洗濯機置き場を兼ねていると思われますが、ここでお勧めしたい床仕上げ材が、CFシ-トです。

 

 

材質はビニ-ル系ですので、水滴を溜め込むこともなく、簡単にふき取ることができます。

 

 

柄や色もバラエティーに富んでいて、木目調から幾何学模様までじぶんの好みでセレクトできます。

 

 

また柔らかな感触があり、温かみも感じられます。

 

 

朝、目覚めて最初に向かうのが洗面所です。

 

 

 

 

出勤、外出前の身だしなみを整える唯一の場所でもありますから、清潔で気持ちの良い場所にしたいものです。

 

 

 

 

壁・天井の素材としては洗面回りではビニ-ル系クロス仕上げが一般的です。

 

 

素材も防カビ仕様が殆どです。

 

 

今日一日の出発点として洗面台の鏡に自分の姿を写すとき、いつも笑顔でいられますように、日々を健康で過ごせますように、と思いをはせる今日この頃です。

 

 

設計施工監理部   本田

 

 

 

施工事例はこちらをクリック!

 

—————————————————
福岡でアフター充実のリフォームなら!
只松建設ホールディングス・パワーハウスへ
相談ください!

ホームページ:http://www.pw-r.jp
お電話:0120-41-5424

お気軽にご相談さい♪
—————————————————