ご相談はこちら!
【定休日】年末年始・夏季・GW 土日も営業中!お気軽にお問い合わせくださいませ。

ご相談はこちら

北米の住宅建築の歴史

  • 深谷 忠史
  • リフォーム情報

当時、会社の研修で3週間ほどロスアンゼルス、ラスベガス、シアトルを視察で回りました。

アメリカでは、年に1度、NAHB(National Association of Home Builders)が開催され、

住宅建築の見本市として視察しました。

新しい建材・工法や設計ソフトが全米から集められ、4日間開催されていたと思います。

 

 

 

 

北米の住宅建築の歴史は浅く、200年ぐらいです。

元々、豊富な針葉樹を活用し、2×4工法が開発させました。

簡単に言うと、プラス・プラスの考え方の工法です。(詳細はまたの機会で。)

他方、日本の在来工法は、プラスとマイナスの組み合わせの工法です。

いわゆる、臍(ほぞ)と臍穴の組み合わせで造られます。

バランス感覚に優れた日本人独特の工法で、1500年程の歴史の中で洗練されて来ました。

詳しくお話すると長くなりますので割愛します。

 

そして、不動産の考え方も日本のそれとは少し違います。

彼ら(欧米)は、自分のステイタスで家を住み替える文化があります。

よって、彼らは家を高額で売却したいと考える為、維持管理を自分たちで行います。

日本では土地だけを不動産と考えますが、彼らは家も不動産と考えます。

日本の家は消耗品と考える為、消費税もかかります。(涙)

(土地には消費税がかかりません。)

 

 

その為、アメリカのホームセンターには何でも揃っています。

窓・ドアや屋根材。外壁材等も販売しています。

IKEA、カインズ、ハンズマンを一つにして、LIXILやTOTOも一緒にした感じです。

素人でも交換やアップグレードが容易に出来る設計で建材が揃うサポート体制も確立されています。

欧米の映画やホームドラマでは、土曜日は家族で出かけて、

日曜日は家の修繕(ペンキ塗り、芝刈り等)をするシーンが見られます。

 

 

つまり、彼らは土地に執着心が無く、

その場所・場所でどう暮らすかにフォーカスされています。

どうゆう事かと言うと、「こう暮らしたいからここに住みたい。」というアプローチになります。

ステイタスが上がり、こう暮らしたいから、ここに住みたい。という考え方です。

 

彼らの土地に対する価値観の多くは「眺望」に有ります。

これは車社会だという所も有るのかもしれません。

また、家に対する価値観は新築よりも中古住宅にある様です。

50年、100年経過した家が新築よりも、しばしば高値で取引されたりします。

どうゆう事かと言うと、新築は来年メンテナンスが発生するかもしれないが、

中古住宅は前述の様に十分に手入れをされている為、安心して暮らせる。

という考え方です。

 

 

いずれにしても、当時20代の私にはすべてが刺激的で興味深かったです。

完璧に建築にハマりました。

当時の会社は無くなってしまいましたが、今でも感謝をしています。

仕事や顧客に対するアプローチにも影響を与えたと思います。

(私見と諸説で構成された気楽なブログです。)

 

 

安心のアフターサービス!パワーハウスのこだわりはこちら♪

 

 

 

PROFILE

この記事を書いたスタッフ

深谷 忠史
深谷 忠史
まごころ込めて仕事をします!よろしくお願いします!