ご相談はこちら!
【定休日】年末年始・夏季・GW 土日も営業中!お気軽にお問い合わせくださいませ。

ご相談はこちら

在来工法からユニットバスへリフォームする時の注意点

  • 山川 啓佑
  • リフォーム情報

みなさんこんにちは。宗像店リフォームアドバイザーの山川です。

今回のブログテーマは「浴室」についてです。

 

浴室は大きく分けてタイル張りの在来工法か、現在主流となっているユニットバスの2種類となります。

 

 

タイル張りの浴室だと冬場の寒さが厳しく、断熱性に優れたユニットバスに変更を希望される方も多くいらっしゃいます。

 

しかし、ユニットバスからユニットバスへのリフォームと比べて在来工法からユニットバスに変更する場合は注意点がいくつかあります。

 

一つ目は費用が多くかかるケースが多いという点です。

在来工法はユニットバスに比べて防水性では劣る為、内部の木が腐ってしまっていれば交換が必要となります。

そうなると別途費用がかかってきてしまいますが、内部の傷みに関しては解体してみないとわからないケースが多い為、内部の木もやり直す事も考えて予算を組まれる事をお勧めいたします。

 

次に注意する点としては、サイズについてです。

在来工法ではユニットバスのように決まった長さで作られていない為、場合によってはサイズが合わず、浴室が狭くなってしまうケースも出てきてしまいます。

実際に現場調査に伺った際にしっかりと測定し、ご要望に近づけるプランを提案できればと思います。

他にも様々なケース、ご要望などがあると思いますがしっかりとヒヤリングを行い、お客様に喜ばれる提案ができればと思います。

 

浴室の交換を考えられている方は、是非一度弊社にお問い合わせください。

 

 

施工事例はこちらをクリック!

 

  —————————————————
福岡でアフター充実のリフォームなら!
只松建設ホールディングス・パワーハウスへ 相談ください!
ホームページ:https://www.pw-r.jp
お電話:0120-41-5424
LINE:http://lin.ee/gDwaAjr

お気軽にご相談してください♪

PROFILE

この記事を書いたスタッフ

山川 啓佑
山川 啓佑
ふつつかものですが、誠心誠意ご対応いたします。よろしくお願いします!