ご相談はこちら!
【定休日】年末年始・夏季・GW 土日も営業中!お気軽にお問い合わせくださいませ。

ご相談はこちら

大切な相続のお話し

  • 深谷 忠史
  • マメ知識

今日は昨今、良くご相談を頂く、相続税のお話しです。

 

 

そもそも相続税とは?

 

相続税は原則として、死亡した人の財産を相続した場合に、その取得した財産にかかる税金です。

 

この場合の財産とは、現金、預貯金、有価証券、宝石、土地、家屋などのほか、

貸付金、特許権、著作権など金銭に見積もることができる経済的価値のある全てのものをいいます。

 

 

相続が発生した場合、相続財産全てに対して相続税が課されるわけではありません。

遺された人の生活保障等の為に、一定の非課税枠(基礎控除)が設けられています。

 

 

 

 

基礎控除・・・3,000万円 + 600万円 × 法定相続人の数

<例>夫婦、子供2人の4人家族で、夫が亡くなった場合

 

→ 3,000万円 + 600万円 × 3人 = 4,800万円

 

 

このご家族の場合、4,800万円の基礎控除の範囲内であれば、相続税はかからず、

基礎控除を超えた場合、超えた分(以下「課税遺産総額」といいます)だけが課税対象となります。

 

 

それでは実際に上記のご家族で相続税の計算をしてみましょう。

 

 

遺産総額が6,000万円の場合。

 

【基礎控除額】

3,000万円+(3人×600万円)=基礎控除額4,800万円

【課税対象額】

遺産総額6,000万円-基礎控除額4,800万円=課税対象額1,200万円

【相続税】

課税対象額1,200万円の場合:税率15%、控除額50万円(課税対象額で税率と控除額は変動します。)

課税対象額1,200万円×税率15%-控除額50万円=相続税130万円

このご家族への相続税は130万円になります。

 

 

パワーハウスでは司法書士とも連携しております、お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

施工事例はこちらをクリック!

 

  —————————————————
福岡でアフター充実のリフォームなら!
只松建設ホールディングス・パワーハウスへ 相談ください!
ホームページ:https://www.pw-r.jp
お電話:0120-41-5424
LINE:http://lin.ee/gDwaAjr

お気軽にご相談さい♪
—————————————————

PROFILE

この記事を書いたスタッフ

深谷 忠史
深谷 忠史
まごころ込めて仕事をします!よろしくお願いします!