ご相談はこちら!
【定休日】年末年始・夏季・GW 土日も営業中!お気軽にお問い合わせくださいませ。

ご相談はこちら

子供部屋は必要派?不要派?

  • 髙安 雄彦
  • リフォーム情報

こんにちは。高安です。今日は子ども部屋について少しお話しを。

 

 

 

 

子ども部屋を考える時・・・

年齢、性別、人数やそもそも現在のご自宅の間取りなど、検討要素が多すぎですよね!(笑)

 

 

私は5歳、3歳、0歳の子どもが3人いまして、性別も女、男、男とバラバラです。

今は2LDKで、将来3LDKに間取り変更可能なレイアウトですが、1人1部屋を与えることができません。

 

 

ただ、実は子ども部屋不要派なので、男女の着替えスペースだけ確保して、あとはパブリックスペースにしたいと考えています(家族会議が必要ですが・・・!)。

 

 

 

みなさまは子ども部屋、必要派ですか? 不要派ですか?

 

ある調べによると、子育て世代の90%が子ども部屋「必要派」みたいですね。

その中でも小学校低学年から、というのが必要派の半分を占めているようです。

「目に届く場所」⇨「プライベートスペースの確保」。つまり、子どもの年齢に応じて部屋を・・・というのが子ども部屋移行への流れでしょうか。

一般的に6歳から最低でも12~15年くらいは、その部屋を使うことになります。

 

 

 

 

家庭方針や子どもの個性を熟慮し、子ども部屋に頭を悩ませている方(当然私もですが・・・!)、

ぜひパワーハウスまでご相談ください!

お待ちしています(^^)

 

 

施工事例はこちらをクリック!

 

  —————————————————
福岡でアフター充実のリフォームなら!
只松建設ホールディングス・パワーハウスへ 相談ください!
ホームページ:https://www.pw-r.jp
お電話:0120-41-5424
LINE:http://lin.ee/gDwaAjr

お気軽にご相談さい♪
—————————————————

PROFILE

この記事を書いたスタッフ

髙安 雄彦
髙安 雄彦
お客様目線で、より良いお住まいづくりをご提案します。
気になること、何でもお話しください。