ご質問・ご相談はこちらから

福岡で新築・リフォーム・リノベーションするなら安心・高品質のパワーハウスにおまかせ下さい。

お電話でのご予約・お問い合わせ
TEL 0120-41-5424 定休日:年末年始(土日も営業しております)

パワーハウスの現場からの声

地震対策について

2018/04/13

地震国日本に合っては、

 

我々は、いつ何時地震が有ってもおかしくない状況、環境におかれています。

 

世界に目を向けても、地震による被害報告が、留まる事を知りません。

 

ここ十数年の間に、日本各地で巨大地震が立て続けに発生したことは記憶に新しいことです。

 

 

そこでおのずと我が家にたいしても耐震に対し必然的に気になる所です。

 

地震による教訓として昨今耐震に対する安全基準の見直しが計られ、

 

より地震に対して強固な構造が求められています。

 

 

地震対策では、まず必要なのが、建物に対しては、

 

一般的には、デザイン性よりシンプルな方がいいようです。

 

例えば平屋一部2階建ての様な偏った構造とするよりも

 

1階2階全く同じ平面の総2階建ての方が建物のバランスがよく

 

力の伝わり方も均一になりますので、地震に対して強い建物となります。

 

 

また開口部分が壁面より少ない方が、より地震に対して強くなります。

 

それから屋根の重量ですが、こちらは、風圧力には重たい方が有利ですが、

 

地震力に対しては、軽い部材の方が有利となります。

 

例えば瓦よりコロニアル葺きと言った感じです。

 

基礎に対しても、布基礎よりもべた基礎の方が、地震力が均等に伝わりますので、

 

地震力の軽減になり、不動沈下も起こしにくくなります。

 

 

それから基礎を受ける地盤も調査が必要です。

 

軟弱地盤であれば、地盤補強工事を施工での工事となります。

 

これを怠ると砂上の楼閣を見るものとなります。

 

 

耐震の方法は、大きく分けて3種に分類されます。

 

耐震・免震・制震・一般に住宅規模で有れば、耐震補強(壁面の補強)工事。

 

中規模の建物で有れば免震構造(基礎部分と地盤を特殊なゴムや鉄板で層を造り揺れを吸収)

 

大規模超高層ビル等は制震構造(壁面や空間にダンパを設けて揺れの共振を防ぐ)

 

等が有ります。

 

またこれらを組み合わせて使用する事により、より強固な地震対策を施すことができます。

 

いずれにせよ、新築はもとより中古に関しては、

 

築年代1981年6月以降か前かで新耐震か旧耐震かの

 

分かれ目が有りますので、確認が必要です。

 

旧耐震であれば新耐震に見合うように、調査の上、耐震工事をお勧め致します。

 

 

 

本店 本田

 

施工事例はこちらをクリック!

 

 

お住まいの良き相談相手として

2018/04/12

 

こんにちは。

 

福岡店リフォームアドバイザーの田中です。

 

 

今月のテーマ「心に残っているリフォーム」ですが

 

増築と内・外部工事させて頂いたK様です。

 

お母様と同居されるとの事で増築を計画されました。

 

立派なお庭の植木を撤去するのは

 

さぞお寂しい気持ちだった事でしょう。

 

なので、少しでも残せる植木は残し、

 

快適な空間となるように入念に打合せしました。

 

ご家族皆様とても朗らかで、毎回お会いするのが楽しみでした!

 

 

今後もお住まいの良き相談相手として

 

努めさせて頂きます。

 

田中

 

施工事例はこちらをクリック!

 

 

 

万全なご準備を

2018/04/11

地震はいつ起こるかわかりません。

 

地震が起こってから対策、準備等では少々不安があります。

 

私は、前もっての準備を心掛けるようにしております。

 

部屋に地震対策グッズのバックを一つ用意しておりまして、

 

飲料水、非常食、軍手、衣類、救急道具などなどを準備しております。

 

緊急事態は、いつ起こるか分かりませんので、

 

皆様方も万全なご準備をされておいたほうがよいのではないかと思います。

 

 

また、住宅に関しましても、耐震補強工事が最近多くなってきております。

 

家屋の耐震診断調査を行い、家屋建物の弱点部分を見つけ出し

 

その部分を補強する工事です。

 

やはり、地震に耐える家屋が一番安心だと思います。

 

パワーハウスでは、家屋診断、耐震診断と行っておりますので

 

一度、診断をされてみてはいかがでしょうか?

 

お気軽にお声かけていただけたらと思います。

 

どうぞ、宜しくお願い致します。

 

 

施工管理課  花田

 

 

施工事例はこちらをクリック!

 

 

いろんな人達の思いが詰まったリフォーム

2018/04/10

こんにちは。

 

今年の桜は満開の期間が長く楽しめましたね。

 

皆様はいかがお過ごしでしょうか!!??

 

今回のブログテーマ「心に残ってるリフォーム」です。

 

様々なお客様といろいろなリフォーム工事をさせていただき、

 

どれも忘れられない思い出ですが、、

 

特に思い出に残っているリフォームは

 

「息子様の為のお風呂リフォーム」です!!!

 

 

マンションのお風呂の改修工事のご依頼をいただき、ご訪問しました。

 

息子様が以前から足が悪く、車イスの生活をされてました。

 

そのため、車いすが入るお風呂で尚かつ段差を無くしたい!!

 

というご要望がありました。

 

職人さんとメーカーさんとも何度も現地や店舗で打合せを行い、いざ着工!!

 

みんな全力でその思いに応えてくださり、

 

見事段差解消と洗い場に車イスで入ることができました!

 

息子様はもちろん、お母様と私たちも大感激でご満足いただきました。

 

 

リフォームならではのできることと、

 

いろんな人達の思いが詰まったリフォームは

 

終わったあとの感激は一塩でした!!

 

これからも、お客様の一番求めているものは何か?

 

何をされたら一番嬉しいか?を考えながら日々精進してまいります!!

 

ぜひ、お家のことならなんでもパワーハウスにご連絡ください。

 

 

 

三苫・塩浜通り店

吉田 恒太郎

少しの工夫で・・・

2018/04/09

こんにちは、施工管理課の古江です。

 

だいぶ暖かくなり、アウトドアスポーツがしたくなる季節になりました。

 

気持ちの良い汗をかきたいです!

 

 

さて、今回は「地震対策」について。

 

福岡の地震と言えば、「福岡西方沖地震」ですね。

 

私はまだ小学生でした・・・。あのときの恐怖は今でも忘れないです。

 

東北や熊本でも震災があり、

 

日本全国で「地震」について考えるようになったかと思います。

 

 

実際、対策をしていない家の中では、たくさんの危険が潜んでいます。

 

家具の転倒・落下により、ケガをするだけでなく、倒れた家具により、

 

部屋の出入り口や廊下がふさがれ、避難することが困難になります。

 

 

背の高い食器棚、冷蔵庫、本棚などは

 

天井と家具の間で突っ張れる商品があります。

 

 

 

 

また、背の低いものでも転倒の危険はありますが、

 

天井との距離があり、突っ張ることができません。

 

そんなときは、床に貼る、ジェルタイプの商品なんかもあります。

 

揺れを軽減してくれるので、転倒の危険度は下がるかと思います。

 

 

 

地震はいつ、どこで起こるかわかりません。

 

小さくて被害の少ないときもあれば、

 

大きくて避難を余儀なくされることもあります。

 

 

日ごろから家具の固定をしたり、配置を考えてみてください。

 

少しの工夫で避難時間を確保できることもあります。

 

 

施工事例はこちらをクリック!

 

 

お客様には本当に感謝

2018/04/08

こんにちは!

 

リフォームアドバイザーの吉田亮一です。

 

春ですね♪

 

気持ちいい毎日が続いていますが、

 

みなさま体調など崩されていませんでしょうか。

 

 

春になると新しい1年がスタートした気持ちになります。

 

僕だけでしょうか。。。

 

 

そんな中、これまでのパワーハウス入社から振り返ってみますと

 

本当にたくさんのお客様にお世話になりました。

 

2014年8月に入社して4年目に入りましたが、

 

1年目の最初の月担当させていただいたお客様には本当に感謝しています。

 

今の僕があるのは、そのお客様とのご縁があったからだと思っています。

 

この会社で「がんばろう」って思うことができました。

 

それが今にも活きています。

 

これからもパワーハウスはもちろん僕もどんどん進化していきます!

 

お家のことで、お困り事がありましたら

 

是非パワーハウスにご一報ください。

 

よろしくお願いいたします☆

 

 

施工事例はこちらをクリック!

 

 

 

新しいことを始めてみよう!

2018/04/07

入社して二か月が経ち会社に慣れてはきました。

 

しかし、まだまだ未熟で

 

学ばなければならない事がたくさんありますし、

 

独り立ちの時期がせまってきており、不安とワクワクが半分半分のような

 

気持でおります新入社員の稲盛です。

 

余裕は全くない状況ですが、

 

今回のテーマが「これから新たに始めたい事」

 

という事で思い立ったのが読書でした。

 

今の世の中バスや電車では携帯を扱っている人が7割です。

 

私もその一人・・・。

 

ですがこれからはそのような時も本を読み、

 

心と頭を豊かにして、ボキャブラリーを増やしていこうと思っております。

 

 

皆様も春の訪れとともに何か新しい事を始めて

 

新しい自分探しをしてみてはいかがでしょうか!

 

 

施工事例はこちらをクリック!

 

 

 

「完璧ですね」

2018/04/06

こんにちは。本日ブログ担当の高安です。

 

 

壁紙等の内装工事をすると部屋の印象がガラッと変わります。

 

ただ、カタログにある小さい見本では

 

イメージし難い方も多くA4サイズのサンプルを取り寄せて

 

ご検討頂くこともしばしばです。

 

 

A4サイズのサンプルを見てもイメージし難い、というお客様が以前

 

ご自身で書いた家の部屋にサンプルを切り貼りされていました。

 

絵もすごくお上手で「これでイメージできましたよ」と言われ、

 

思わず「完璧ですね」と。

 

 

壁紙でお迷いの方はぜひお試しください!(^^)!

 

 

施工事例はこちらをクリック!

 

 

長い年月を経て受け継がれたもの

2018/04/05

このところ地震も多いし、耐震ということで少し気になりました。

 

そして、耐震といえば法隆寺の五重の塔をもとに

 

スカイツリーも作られたという話も聞いたことがあります。

 

少し調べてみました。

 

 

五重の塔の中心には、「心柱」と呼ばれる大きな柱が一本通っています。

 

五重の塔を立てる場合、各重ごとに軸部を組み上げ

 

それを重ねるように組み上げるそうです。

 

木材を組んで接合していくことによって、

 

地震があっても揺れを吸収します。

 

そして、心柱と他の木材は互いに別方向に揺れて、

 

それぞれの揺れが吸収されていくそうです。

 

まさに、現代の免震構造です。

 

 

 

しかしながら、実際には未だにちゃんとは解明されていないそうです。

 

ただ、実際に塔は今もそこに建っています。日本の最古の木造建築物。

 

 

古代の人々の知恵が集結して

 

千三百年あまりの時を過ごせる塔を建てたのです。

 

やっぱり、長い年月を経て受け継がれたもの、「匠の技」です。

 

いろんな人の思いがそこにあるのだろうと思うと、

 

なんだかとても特別なものに思えて、不思議な感じがします。

 

 

自分がこういう国宝などの古いものに惹かれるのも、

 

古の人々の「魂」を感じるからだと思います。

 

 

「神」は細部に宿る(God is in the details.)

 

 

深谷

 

 

施工事例はこちらをクリック!

 

 

 

思い出のリフォーム

2018/04/04

皆さんこんにちは。

 

パワーハウスの姥嶽です。

 

今回のブログのテーマは、「一番心に残っているリフォーム」です。

 

沢山思い出はありますが、その中でも

 

マンションの水廻りの工事をさせて頂いた事が心に残っています。

 

 

まだ、私が入社したての時で、夏の暑い時期でした。

 

右も左もわからない状態で先輩についてきてもらって

 

一生懸命に寸法を測ったり、お客様にたどたどしい説明をして

 

なんとか申込を頂きました。

 

当時はまだ車に乗れない時期でしたので

 

重たいカタログをリュックにつめ自転車を漕いで

 

汗だくになりながら何度もお客様宅に訪問してました。

 

(お客様からしたら迷惑です笑)

 

工事事態もスムーズに進みお客様にも満足して頂く事ができました。

 

工事完了のときはお昼ご飯もごちそうになりました。

 

それが一番心に残っております。

 

 

今でもこのお客様から相談を頂くことがあります。

 

そんなお客様を一人でも多く作っていけるように精進していきます!!

 

施工事例はこちらをクリック!

 

 

資料請求フォームはこちら
新卒採用サイト