ご質問・ご相談はこちらから

福岡で新築・リフォーム・リノベーションするなら安心・高品質のパワーハウスにおまかせ下さい。

お電話でのご予約・お問い合わせ
TEL 0120-41-5424 定休日:年末年始(土日も営業しております)

パワーハウスの現場からの声

F係長の建築日誌003「導線」

2018/08/21

今日は設計の一つの要素「導線」についてお話しをしようかと思います。

 

生活導線を考えるとき、

 

間取りや家具の配置はとても大切です。

 

 

例えば、キッチンではコンロ(IH)、冷蔵庫、シンクの位置関係、

 

内部廻りでしたら、水廻りの位置関係、

 

外部廻りでしたら、道路や駐車場から玄関までのアプローチや目線誘導。

 

ありとあらゆる場面において、人が生活する上で直面している動く道筋が導線です。

 

逆に言うと違和感がない、気にならないのが良い導線になります。

 

 

 

良い導線とはクライアントにとって2パターンぐらいしかありません。

 

ハウスメーカーでたくさんの間取りプランが出てくるのは眉唾物です。

 

ヒアリングができてない可能性があります。

 

ご注意を。(弊社ではヒアリングに時間をかけます。)

 

 

私見ですが、生活導線にとっては回遊性が重要だと思います。

 

「どちらからでも行ける」が間取りに柔軟性を持たせ、生活を豊かにします。

 

 

例えば、キッチンは3点(コンロ・冷蔵庫・シンク)を線で結んで

 

三角形の形がきれいであると、良い導線だといわれています。

 

直角三角形でも大丈夫ですよ。

 

 

 

皆さんのお宅はどうですか?

 

三角形がつぶれていませんか?

 

一直線になっていませんか?

 

 

 

余談ですが、小売業界や流通業界では導線は常に考えられ、極められています。

 

 

デパートの催事場は何故最上階なのか?

 

コンビニの店内のレイアウトはどの会社も一緒です。

 

導線によって、ついついお買い物をしてしまっているかも?

 

 

導線は業績に直結し、

 

良い生活導線線は日々の暮らしに直結します。

 

 

 

 

 

施工事例はこちらをクリック!

 

 

 

—————————————————-
福岡でアフター充実のリフォームなら!
只松建設ホールディングス・パワーハウスへ
相談ください!

ホームページ:https://www.pw-r.jp
お電話:0120-41-5424

お気軽にご相談ください♪
—————————————————-

資料請求フォームはこちら
新卒採用サイト