ご質問・ご相談はこちらから

福岡で新築・リフォーム・リノベーションするなら安心・高品質のパワーハウスにおまかせ下さい。

お電話でのご予約・お問い合わせ
TEL 0120-41-5424 定休日:年末年始(土日も営業しております)

パワーハウスの現場からの声 【F主任の建築日誌】

自然素材のメリットとデメリット

2019/01/15

◆自然素材

 

自然にも体に優しい印象の自然素材を使って

 

家を建てたいと考えている方は多いのではないでしょうか。

 

でも、ここでは、自然素材のメリットとデメリットについて紹介します。

 

 

・自然素材のメリットは?

 

自然素材の一番の特徴は、その素材感ではないでしょうか。

 

例えば無垢の木材なら、柔らかな雰囲気で、肌さわりもよくさらりとしています。

 

 

既製品の合板フローリングは夏場など湿度の高い季節は

 

素足ではペタペタした吸い付くような感触になりますし、

 

冬場はヒヤっとした冷たさが足元から感じることがあります。

 

 

無垢材のフローリングは、「木材」そのものが呼吸をして調湿しているため、

 

湿度が高くてもさらっとした感触です。

 

 

 

 

また、冬でもヒヤっとした冷たい感じにはなりません。

 

季節に左右されず素足でも心地よく過ごせることは大きなメリットでしょう。

 

 

また、珪藻土や漆喰などの左官壁や紙クロスは素材の持つ調湿作用と清浄作用で、

 

室内の湿度をコントロールしたり、いなや臭いを吸収してくれる機能があります。

 

 

内装の色を自由に採用することができる点も、大きなメリットではないでしょうか。

 

 

好みのスタイルを演出するためには、

 

自分だけの室内色を作り出せることが理想です。

 

 

・自然素材のデメリットは?

 

キズがつきやすいという面があります。

 

 

特に、無垢材をフローリングに採用した場合、

 

椅子の足や車輪のついたおもちゃなどはキズが付きやすいでしょう。

 

 

また、水に強い素材ではないため、

 

床の上に水が長時間放置された場合は、傷みやすくなります。

 

 

珪藻土や漆喰などの左官壁も、ビニールクロス壁と比較した場合は、キズは付きやすいでしょう。

 

 

絵の具など水分を含んだものを壁に飛ばしてしまった場合には、

 

染み込んでしまうこともあります。

 

 

洗剤を使って汚れを落とすことはできないため、

 

汚れやすい部分では検討が必要です。

 

 

自然素材をきれいに長持ちさせる方法

 

自然の素材であるため、キズがつく心配もありますが、

 

実はお手入れの仕方で既製品よりもきれいに長持ちできることもあります。

 

 

例えば、無垢材のフローリングなら、普段は水拭きをせず基本は乾拭きをします。

 

もちろん汚れがついた場合には、堅く絞った布で水拭きができます。

 

 

もしキズがついた場合は、市販のペーパーヤスリで

 

軽く滑らかにするとキズは消えまた平坦な表面になります。

 

 

珪藻土などの左官壁も、キズはヤスリで軽く滑らかにすることにより、

 

他の部分と均一になり目立たなくなります。

 

 

また、手垢のような汚れは消しゴムで意外と簡単に消すことが出来ます。

 

 

どちらが自分たちの家づくりに合っているか、

 

暮らしが豊かになるかはメリット、デメリット両面を良く検討し、

 

選択してみてはいかがでしょうか。

 

よろしくお願いします。

 

深谷

 

施工事例はこちらをクリック!

—————————————————
福岡でアフター充実のリフォームなら!
只松建設ホールディングス・パワーハウスへ
相談ください!

ホームページ:https://www.pw-r.jp
お電話:0120-41-5424

お気軽にご相談さい♪
—————————————————

資料請求フォームはこちら
新卒採用サイト