耐震の話

  • 無料お見積り
  • リフォーム相談
  • 資料請求

耐震の話

住宅の状態は千差万別で、耐震対策もそれぞれです。木造住宅は生き物です。定期的な点検や手入れを怠れば、本来発揮すべき性能が失われるばかりか、住宅自体の寿命も縮めてしまいます。まずは耐震診断で家屋の状況を把握し、対策を検討していきます。

パワーハウスでは、日本木造住宅耐震補強事業者協同組合が認めた、耐震技術認定者が耐震診断にお伺いいたします。耐震に関する講習会を受講し考査をパスした、耐震診断のプロ。安心してお任せ下さい。

安全で安心できる家づくり

軽微な地震でも、耐震性の低い住宅にとっては、大きな被害に繋がる恐れがあります。大切な家族を守るためには安全で安心できる家であってほしいものです。その手助けとして、私たちは耐震診断と補強工事を実施しております。

Q.なぜ耐震診断を受けなければならないの?
A.お家の状態を知ることがすべての始まりです。住宅の状態は千差万別で、耐震対策もお家によって異なります。補強の方法もそうですが、今後お家を長持ちさせる為にやらなければならないこともお家によっ て異なります。木造住宅は生き物です。定期的に手を入れなければ本来保持すべき性能を発揮できないばかりか、寿命を縮めてしまいます。まずは、耐震診断で 家屋の現在の状況を把握して、耐震性も含めて今後どのような対策をとらなければならないかを知ることが重要なのです。
Q.耐震診断にはどんな人がくるの?
A.耐震技術認定者が責任を持って診断します。木耐協の耐震診断は耐震技術認定者がお伺いします。 耐震技術認定者は診断の際に必ずネームプレートを所持しておりますので、まずはネームプレートをご確認下さい。
随時現地調査結果を記入し、調査票に基づいて診断書を作成します。

筋交いの有無や床の傾きなどを調べます。

筋交いの位置や金物の有無などを調べます。

床下に入り、基礎の状態や、蟻害の有無な どを調査します。また、シュミットハンマーを使って、基礎の圧縮強度を調査します。

家の外周を調査します。またブロック塀の 傾き等も調べます。